前へ
次へ

名刺はその人のセンスが問われる

社会人になると「名刺」を交換をする機会が増えます。
白地に黒文字というシンプルなものも悪くはありません。
しかし、どうせ作るなら、かわいくておしゃれなデザインを選んだほうが、相手に伝わります。
最近は、いろいろなタイプがあるそうです。
特に「写真つき」は人気です。
たくさんの人と出会いがあると、1日に何枚も名刺を受けとることがあります。
写真つきは、名前と顔が一致するので、受けとる側としてもありがたいそうです。
名刺の土台となるものは、紙だけではありません。
キラキラしたラメ入りのプラスチックや、モコモコしたかわいい生地、薄い木を使ったモダンなデザインもあります。
これらの素材を選べば、間違いなく1度で顔を覚えてもらえます。
名刺はその人のセンスが問われます。
デザインするのが苦手という人は、デザイナーに依頼すると良いそうです。
料金が余計にかかってしまいますが、料金以上の価値のあるデザインが完成すると言われています。

Page Top