前へ
次へ

名刺の多様化について説明します

名刺と言えば企業における営業の必須アイテムですが、最近は載っている情報にも変化が見られます。
基本的に載っている情報は、「会社名」「役職」「氏名」「会社の住所」「会社の電話番号」「会社のFAX番号」等が普通です。
インターネットが当たり前になってからは、これに「会社のホームページアドレス」なども記載されるようになりました。
また、資格が重要視される現在は、自分の持っている「資格」も数多く載っている場合があります。
また、IT業界では名刺の電子化というものもあるようです。
スマートフォンに専用のアプリをインストールし、名刺交換の際にお互いのスマートフォンで表示し、相手の情報を取り込めるというものです。
ペーパーレスで、紙の場合のようにきらすこともないため、非常に良い高度なアプリですが、一般の企業ではまだ浸透していないので、一部の企業同士がこれを利用しているようです。
しかし、紙の名刺を持ち歩かなくて良くなる日くるかもしれません。

Page Top