前へ
次へ

顔写真入りの名刺のメリットについて

社交辞令のツールとして、ビジネスシーンで使用することが多い名刺なのですが、最近では顏写真入りの名刺を使用される人も少なくありません。
人間は無意識に視覚からも情報を得ようとするものなので、顔写真が入っていると、無意識に注目してもらえるものなのです。
ゆえに、顔を覚えてもらえるというメリットがあります。
名前と会社名が書かれただけのシンプルなものの場合には、多くの名刺の中の1枚となり、時間が経過するとともに、顔と名前が一致しないということも少なくありません。
前述しましたように、名刺に顔写真があれば、長く印象に残りやすくなります。
顔写真を見れば、交換した時にどのような内容の会話を交わしたのかなど、思い出す確率は高くなります。
ビジネスの上で、視覚効果を狙うということは、非常に有益な方法です。
ただし、中にはさまざまな理由から、顔写真を入れることに抵抗感がある方も存在します。
そういった場合には似顔絵でもかまいませんので、シンプルなものよりも印象に残りやすい工夫が、ビジネスツールとしては重要となります。

Page Top